OBC奉行クラウドが会計・経理・財務管理・基幹業務の総合ツールでバックオフィスを強力サポート

OBC勘定奉行、給与奉行、商奉行が「Microsoft Azure」のセキュリティと融合して奉行クラウドとして新登場しました。顧客満足度No.1の奉行シリーズの操作性そのままにクラウドの利点を生かして、いつでもどこでも業務が行えます。
Saas型クラウドなのでプログラム改正時のシステムアップデートやPC入替時のインストールなど煩わしい作業が不要です。もちろんバージョンアップに関わる費用や作業も不要。日々のバックアップも自動なので管理者が不要になります。
従来、Network版で複数拠点同時入力が必要な場合、VPN構築するなどインフラを整備する必要がありましたが、クラウドにすることで、インターネットに接続されているだけでセキュアなネットワーク環境で簡単に複数人の同時業務が可能となります。奉行クラウドの利用料は少し高額に思えますが、抜群の利便性に加え、従来のネットワーク構築費用やServer機に関わる費用、管理費用や保守費用を総合的に加味すると、事業所によりソフトの購入と比べて費用対効果が高くなります。

奉行クラウドのメリット

常に最新の状態で業務が行える
毎年利用料を支払うだけで常に最新の状態で業務が行えます。制度改正にも自動で対応、保守契約も不要です。
選任オペレータのサポートも利用料金内
選任オペレータのサポートも利用料金内です。クラウドなのでお客様の実データを見ながら操作サポートを受ける事も可能です。
強固なセキュリティと自動バックアップ
「Microsoft Azure」の日本国内データセンターでの運用による強固なセキュリティ。バックアップも自動で行われるので、別途バックアップを取る必要もありません。

「Microsoft Azure」採用の「SaaS型クラウド」

奉行クラウドは世界トップレベルのセキュリティを誇る「Microsoft Azure」を採用したSaaS型なのでソフトウェアのバージョンアップや制度改正の対応が自動で行われます。
データバックアップなど従来ユーザーで行っていたメンテナンス作業も全く必要ありません。
自社にサーバーやシステム管理者を置く必要がなくなり、バックアップも自動なので災害時の対策にも最適です。

「Microsoft Azure」を採用した「SaaS型クラウド」の業務システムは「奉行クラウド」だけです。
SaaS型以外のクラウド運用は制度改正等の対応やバックアップなどを自社で行う必要があります。

クラウド型の違い

IaaS(Infrastructure as a Service)= 場所を借りるだけ
PaaSやSaaSと比べ、OSやハードウェア、ネットワークの知識が必要になります。更新やセキュリティ対策などもすべて利用者が行う必要があります。
PaaS(Platform as a Service)= 場所とデータベースを借りるだけ
利用するデータベースの設定や、アプリケーションのインストールや設定は利用者が行う必要があります。
SaaS(Software as a Service)= 場所とデータベースとアプリなど全て
ソフトウェアをサービスとして提供しますので利用者はそのサービスを利用するだけです。
(ブログサービスやSNSなどがSaaS型クラウドです)

ご注意ください

システム販売業者によってはSaaS型ではなくIaaS型クラウドなどに奉行をインストールして「奉行クラウド」と称して提供している会社もあります。
SaaS型クラウドのように制度改正等が自動で適用されません(システム管理業者が適用する、または自社で適用する必要があります)。
また「Microsoft Azure」のような強固なセキュリティで運用されていない場合もありますのでご注意ください。

いつでもどこでも作業が可能

常に最新のプログラムで、24時間いつでも、会社や出先などどこでもご利用可能です。

手軽にネットワーク化

ライセンス数を増やすだけで複数の従業員が同時に作業可能です。本社や工場など他拠点でもインターネット環境さえあれば分散処理が可能です。
従来のようなVPN構築なども全く不要です。

専門家ライセンスが付属(勘定・給与のみ)

税理士や社労士など専門家の先生が会社に赴くことなく作業が可能です。今までデータを送付してチェックしてもらったり、来訪して修正してもらったりする事が不要になります。
常に最新のデータでお客様と専門家が同時に確認出来ますので時間短縮に繋がります。

万全のサポート体制

「Microsoft Azure」は日本国内のデータセンターで運用されておりセキュリティ面でも速度面でも質の高いサービスを提供しております。
また、OBCサポートセンターは直接お客様のデータを直接確認しながらサポート出来るため、解決までのスピードや正確性が向上されます。

勘定奉行クラウド

勘定奉行クラウド無料体験

勘定奉行クラウド全機能をお試しいただけます。実データでお試しいただいた後に製品版に切替可能です。

勘定奉行クラウドの種類は4種類ございます

勘定奉行クラウドJ

「奉行J 会計編」や「勘定奉行21 Jシステム」の後継クラウド版です。
勘定奉行クラウドJは以下の機能制限があります。

部門登録件数:
10件
取引残高:
10億円まで
料金:
96,000円~(年額)

勘定奉行クラウドiA

「勘定奉行21Aシステム」「勘定奉行i/i8/i10 Aシステム」の後継クラウド版です。
勘定奉行クラウドiAは以下の機能制限があります。

複数予算管理・予算実績対比表損益分岐点分析・経営分析部門グループ/取引先区分で集計
この機能は「勘定奉行クラウドiB」に含まれます。
料金:
160,000円~(年額)

勘定奉行クラウドiS

「勘定奉行21Sシステム」「勘定奉行i/i8/i10 Sシステム」の後継クラウド版です。

料金:
240,000円~(年額)

勘定奉行クラウドのお見積はこちらから

【勘定奉行クラウド】の主な特徴

時間と場所を選ばない会計業務
クラウド会計システムなので会社でもご自宅でも時間場所を選ばず会計業務が行えます。
従来のようにパソコンの入れ替え等でインストール作業をする事もありません。
経理初心者でもわかりやすい簡単操作
効率性を追求した簡単操作で処理スピードも快適。
経理初心者でもわかりやすいインターフェースですぐに操作も覚えられます。
リアルタイムに経営状態を把握
税理士等専門家などと共有可能で、最新の会計データのリアルタイム処理が可能。
従来のようにデータを送信したり渡したりする事なく、会計事務所から直接現在の状況が確認、修正が行えますのでリアルタイムに経営状態が把握できます。

勘定奉行クラウドのお見積はこちらから

カタログ請求|勘定奉行クラウドi|会計ソフト・会計システムのOBC
クラウド型会計ソフト「勘定奉行クラウドi」の資料請求のページです。

給与奉行クラウド

給与奉行クラウド無料体験

給与奉行クラウド全機能をお試しいただけます。実データでお試しいただいた後に製品版に切替可能です。

給与奉行クラウドの種類は3種類ございます

給与奉行クラウドiA

給与奉行クラウドiAは以下の機能制限があります。

従業員登録件数:
50名まで(従業員数には退職者を含みません)
部門登録件数:
20件
給与体系登録件数:
1件
これらの機能及び従業員数51名以上は「給与奉行クラウドiB」でご利用いただけます。
料金:
96,000円~(年額)

給与奉行クラウドiB

給与奉行クラウドiBは以下の機能制限があります。

従業員数:
100名まで(従業員数には退職者を含みません)
社員権限、明細項目権限 帳票パターン権限
部門グループ、役職/職種グループ
これらの機能は及び従業員数101名以上は「給与奉行クラウドiS」でご利用いただけます。
料金:
180,000円~(年額)

給与奉行クラウドiS

給与奉行クラウドiSは以下の機能制限があります。

従業員数:
300名まで(従業員数には退職者を含みません)
従業員数300名以上は「社員追加オプション」が別途必要です。
料金:
240,000円~(年額)

給与奉行クラウドのお見積はこちらから

【給与奉行クラウド】の主な特徴

時間と場所を選ばない給与計算業務
クラウド給与計算システムなので会社でもご自宅でも時間場所を選ばず給与計算業務が行えます。
従来のようにパソコンの入れ替え等でインストール作業をする事もありません。
給与計算初心者でもわかりやすい簡単操作
効率性を追求した簡単操作で処理スピードも快適。
給与計算初心者でもわかりやすいインターフェースですぐに操作も覚えられます。
社会保険労務士など専門家とリアルタイムに共有
社会保険労務士等専門家などと共有可能で、最新の給与データのリアルタイム処理が可能。
従来のようにデータを送信したり渡したりする事なく、専門家事務所から直接現在の状況が確認、修正が行えますのでリアルタイムに給与計算できます。

給与奉行クラウドのお見積はこちらから

カタログ請求|クラウド給与ソフト 給与奉行クラウド|勘定奉行のOBC

商奉行クラウド

商奉行クラウド無料体験

商奉行クラウド全機能をお試しいただけます。実データでお試しいただいた後に製品版に切替可能です。

商奉行クラウドの種類は3種類ございます

商奉行クラウドiA

基本要件:
商品・単価・得意先・直送先・部門・担当者
販売管理:
受注伝票・受注明細表・売上伝票・売上明細表・売上消費税額明細表・伝票計算式
債権管理:
債権伝票・回収予定変更・請求締め・請求書(オリジナルフォーム)・FBデータ・入金情報・入金伝票・入金消込・前受金
管理帳票:
得意先元帳・受注集計表・売上集計表・債権残高一覧表・回収予定表・入金集計表
料金:
180,000円~(年額)

商奉行クラウドiB

商奉行クラウドiBは商奉行クラウドiAの機能に加え以下の機能があります。

分析要件:
部門グループ・推移表・対比表・帳票グラフ・行列表・ABC分析・予算
料金:
220,000円~(年額)

商奉行クラウドiS

商奉行クラウドiSは商奉行クラウドiBの機能に加え以下の機能があります。

業務拡張要件:
荷姿・バリエーション・明細項目拡張
料金:
260,000円~(年額)

商奉行クラウドのお見積はこちらから

【商奉行クラウド】の主な特徴

時間と場所を選ばない受注・売上処理
クラウド販売システムなので会社でもご自宅でも時間場所を選ばず受注処理・売上処理が行えます。
従来のようにパソコンの入れ替え等でインストール作業をする事もありません。
わかりやすいインターフェースで簡単操作
効率性を追求した簡単操作で処理スピードも快適。
わかりやすいインターフェースですぐに操作も覚えられます。
消費税改正・軽減税率や適格請求書に対応
2019年10月施行予定の消費税改正・軽減税率や適格請求書に対応
各システム共に40万明細が標準容量です。容量追加は100万明細まで拡張可能です。
40万明細を超える場合は拡張パックが必要です。(5万明細単位60,000円/年~)

商奉行クラウドのお見積はこちらから

カタログ請求|クラウド販売管理ソフト商奉行クラウド|勘定奉行のOBC
資料請求|クラウド販売管理ソフト 商奉行クラウド|勘定奉行のOBC

バージョンアップポイントで初年度割引

  • バージョンアップポイントが貯まっているお客様は更に割引可能です(初年度のみ)。
  • バージョンアップポイントご利用にはお見積のご依頼が必要です。
  • ご依頼の際のコメント欄にバージョンアップポイントご利用の旨記載お願いします。

詳細はバージョンアップポイントについてをご覧ください。

バージョンアップポイント|アブニールオンラインショップ
アブニールの奉行サプライ購入でバージョンアップやOBCクラウドサービス、奉行クラウドが無料になるポイントプログラムの詳細です。
バージョンアップポイント残高のご確認は弊社より送付しております納品書でご確認ください。

お問い合わせ

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください

株式会社ひろや アブニールへのお問い合わせ
お問合せは以下のメールフォームからお受けしております。 必要事項をご入力の上、ご確認・送信してください。 *印は必須項目です。 メールアドレスは必ずご確認ください。 ご返信時エラーが発生した場合、弊社からの連絡は差し上げませんの...

さらに詳しい情報は下記メーカーサイトをご参照ください

【奉行クラウド】|会計・経理・財務管理・基幹業務の総合ツール|クラウド会計ソフト・システムのOBC
「勘定奉行」のOBCが提供する「奉行クラウド」は、SaaS型の基幹業務システムです。クラウド会計システム「勘定奉行クラウド」をはじめ、基幹業務を網羅的にサポートできる製品ラインナップと機能拡張性や、信頼のセキュリティで、バックオフィス業務を強力にサポートします。